主流のジェルネイルとは?資格も。

ジェルネイル

近年、人気が高まっているネイルの種類に、「ジェルネイル」があります。

ジェルネイルというのは、紫外線ライトに当てることによって硬化する光硬化樹脂のネイルのことです。
艶がありツルンとした厚みの独特のネイルで、サロンメニューでも人気があります。

 

その中でも特に、「カルジェル」は最も人気があります。
薄付きで柔軟性があり地爪のようにナチュラルな仕上がりが魅力です。
カルジェルの特徴は、地爪の上に直接ジェルを塗って補強する「ジェルコート」「チップオーバーレイ」「スカルプチュアネイル」ができるところです。

 

ジェルの層がとても薄く、柔軟性があるので、自然なフィット感があり折れにくく端が欠けることもありません。
そして、柔軟性を活かした3Dができるのも魅力です。

 

さらに、3〜4週間という長い期間、剥がれにくく美しい状態を保つことができますし地爪とジェルの間に水分が溜まりにくいのでカビの心配もほとんどありません。

仕上がり、衛生面両方優れていますので、人気があるのもうなずけます。

 

カルジェルは、技術のクオリティを保つため、講習を受けた方のみ購入したり、扱ったりできるものなのでネイリストであっても扱えない人もいるのです。

 

また、高価なジェルの為、扱っているサロンの中には看板メニューにしているお店も多いです。
ネイリストであれば、扱えた方が良さそうですし、人と差をつけたい方はできるようにしておいた方が良いでしょう。
サロンデビューを目指す方は、講習を受けてみてはいかがでしょうか。

 

講習は、「モガブルック・ネイル・アカデミー」または「公認エデュケーター」のいるスクールで受けるのがおすすめです。
ネイル経験者であれば、短期講習で十分に対応できます。

 

 

今、実用的なネイルのスキルは「ジェルネイル」に移行しているようです。
そこで、「カルジェル講座」と「ネイル検定試験」の、どちらの資格を先に取得するか、悩んでいる方もいらっしゃるようです。
カルジェル講座を受講すると、ネイル検定試験もスムーズにいくようです。
ですので、カルジェルを習ってから、ネイル資格を取得するのも良いかもしれませんね。

 

人気のネイル資格の取得を目指すのをきっかけに、今の時代に求められているカルジェル講座もプラスしてみませんか?
就職の際にも有利になるかもしれませんし、実務に就いたときに、きっと役立つはずです。