フリーとして働きたい!

どうしても独立して働きたい、フリーで自分の力を試してみたいと思う人もいらっしゃることでしょう。
しかし、サロンを開くわけでもなく、フリーのネイリストとしてやっていくにはどうしたらいいのか見当もつかないということだって当然あります。

 

フリーで働く場合

そういう場合は、通っていたネイルスクールに相談に行ってみるのが一つの手と言えます。

きちんとしたネイルスクールの出身者には、やはりフリーで活動している人も多くいらっしゃいます。

 

スクールに相談すると、先輩の話を聞けたり、フリーでやっていく上での様々なアドバイスをもらうことができます。
もし、スクールを卒業する前に「フリーでやっていきたい」という気持ちが固まっていたとしたら、スクールが持っているコネクションを紹介してくれる場合もあります。

 

卒業生であっても、邪険にされるということはほとんどないと言ってもいいため、フリーでやっていきたいと悩んで行き詰まった場合は、是非一度、自分が学んだスクールに足を運んでみてください。
解決策が見つかる可能性は非常に高いと言えます。

 

フリーで働くということは、なにも、どのサロンにも所属してはいけないというワケではないんです。

『忙しいのに、給料が少ない…。』などの理由でフリーを目指す人も少なくありません。

 

このような人は、納得の完全歩合制で働いてみるのも良いのではないでしょうか?
完全フリーではありませんが、サロンでアルバイトとフリーの中間的な位置づけで、給料をもらいながら働くのも良いかと思います。

 

給料が完全歩合制だと、自分の頑張りや、実力がリアルにお給料に反映されますので、とてもやりがいを感じられます。

 

アルバイトと言っても、時給1,200円くらいが見込めることもあります。
しかも、1日5時間程度の勤務でも認められることもあります。

 

ただし、実力が伴っての好条件ですから、誰でもこのような環境で働けるということではありません。
能力が認められてこそのものですから、本当にフリーを目指す実力者でなければならないワケです。

 

働きながら経営スキルも身に付きますし、完全フリーになった時にスムーズに仕事ができます。
このような働き方を経験してみるのも良いかもしれませんね。