一人で開業する

一人で開業・自宅開業

ここでの開業とは、ネイルサロンの開業に限定してのお話をさせていただきます。

 

サロンを開くなら、従業員をしっかりと雇い、たくさんのお客様に足を運んでいただき、そして儲けを出す、そう考えてしまうのは仕方ないと思います。
しかし、自分一人が生活していければいい、また、既婚者であって、少しだけでも家計の足しになるぐらいの収入を得られれば良いという人は、いっそのこと、自宅でサロンを開いてみてもいいのです。

 

「個人サロン」というジャンルのサロンが流行になりつつあります。
「友達の家に通ってネイルをやってもらっているみたいで、気楽で楽しい」という顧客さんの声もあります。

 

自分の得意な分野のアートや、ケア、そしてケアのアドバイスなどを行うようにすれば、「普通にネイルサロンに通うよりくつろげるサロン」と話題になる可能性だってあるのです。

 

もちろん、一人でやることですから、たくさんのお客様に施術をする時間は取れないかも知れません。
けれどその分、お客様一人一人の好みをしっかりと把握でき、固定客をつかめる可能性も広がります。

 

一人で個人サロンの開業は、今独立をしようと思う人にお勧めしたい方法です。

 

店舗を構えるには多額の資金が必要なので、まずはマンションの一室でサロンを開業してみるのも賢い方法です。
まずは、マンションの一室で開業してみて、店舗を作れる見込みができてから移転するなどの方法をおすすめします。
ネイルサロンが密集する激戦区は避け、住宅街を狙ってみるのも良いかもしれませんね。

 

また、開業費用についてですが、これは、どこまでのメニューをやるかにより大きく変わってきます。
カラーリングとネイルケアだけのメニューと、スカルプチャーやジェル、フットケアまでのメニューとでは随分違います。
まずは、サービス内容を決める事です。

 

そして、できるだけリスクを減らしたいという人におすすめなのが「提携サロン」という方法です。
スクールや有名サロンが提携主となり、提携店加盟金やロイヤルティーを支払うことで、独立開業の支援をしてくれるというものです。
テナント契約や研修など、サロンオープンに向けての準備を全面的に手伝ってもらえます。

 

初期費用を抑えることで、低予算でオープン可能ですから、失敗するリスクを減らすことができます。
それに、消耗品や材料を格安で購入することも可能ですので、ランニングコストを抑えることができます。コストを抑えた無駄のないサロン経営ができますから、経営に不安な人におすすめの開業方法であると言えます。

 

 

開業時にやってはいけない事

 

サロンを開業するとき、自分の理想にできるだけ近いサロンを開きたいのが希望ですよね。
しかし、これだけはやってはいけないということが一つあります。それは、多額の借金です。
もし友人や知人などから融資の相談があっても乗ってはいけません。

 

 

自分の理想と予算を付き合わせて、妥協することも大事です。
もし借金をして、その分が回収できないとどうなるか。当然サロンは潰れてしまい、借金だけが残ることになります。

 

そして、悪いことには、雇われネイリストの給料では抱えた借金が返せないという可能性も出るため、ネイリストとして働くことすら厳しくなってしまうこともありえるのです。
自分でサロンを開きたいぐらいネイルが好きで、お客様も好き、そういう人だとしたら、理想を掲げすぎたばかりにネイリストとしての道まで閉ざされてしまうというのは、人生の喜びを失ってしまうこととも言えるのではないでしょうか?

 

サロンを開こうと思うのだとしたら、それなりの予算はあるはずです。
ですので、借金はせず、妥協できるところはきちんと妥協して、予算内でサロンを開業し、徐々に儲けを出していくようにするのがベストです。

 

なぜこんな事を言うのかというと、私の知り合いのネイリストさんで開業をしようとして多額の借金を背負って、あっという間に倒産させた方がいたからです。
私はお金を貸すような事はありませんでしたが、彼女の身内や知人はお金を貸していたようで後々大変だった事や
銀行にもお金を借りていたので、返済に追われた事。
色々と聞きました。

 

なので、多額の借金を背負ってのスタートは出来ればやめた方がいいと思っています。