独立した場合の年収

独立した場合の年収

独立したときの収入ですが、その人の自分のプロデュースの仕方によりまちまちです。

 

たとえば、独立して持ったサロンが大当たりして、サロンで販売するグッズもとても売れている、さらにネイルスクールの講師としても活躍しているというスーパーなネイリストになれるようであれば、年収1000万円以上の収入もありえることでしょう。

 

また一方で、サロンを維持していくだけ、生活していくだけで精一杯の収入という人もたくさんいます。
どうしてここまで開きが出てしまうのか。それは、もちろん運営の腕もあるでしょうが、時代を先読みする力や、時代を作っていく力を持っているかどうかではないかと思います。
時代のニーズによって、お客様が求めるものも変わってきます。時代に上手に乗ることが出来る人は、収入も多くなるようです。

 

ですので、独立した人は平均的に見るとどれぐらい、とは言いにくいのが現状です。
サロンを開業する人は、自分の技術や資格の種類もとても重要となり、さらに経営能力があるかということも本当に大事なことになってきます。

 

経営をスムーズにするための問題は、いかにランニングコストを抑えるのかということです。
個人サロンの場合で考えてみると、パソコンで作った手作りのチラシ、名刺、メニュー表などを用意し、ホームページも手作りすれば、軽費はほとんどかかりません。
経費がかからないように工夫すれば、初めてでも、月10万くらいの売り上げも見込めます。

 

そして、いろいろな先生の技術講習やセミナーにはどんどん出席して、自分なりの技術や知識の幅を広げていきましょう。
このような機会を持つと、自分がやってもらいたいと思うことを、お客様に心を込めてできるようになりますし、自分が目指していることを再確認できます。
このようなことが、理想的な「ホームサロン」を開く、第一歩を踏み出すヒントになると思います。

 

さらに、経営の知識を身に付けたかったら、まずは起業の本を読んでみてください。
どういった届け出をしたらいいか、税務申告をする上で何を用意したらいいなどがわかり、とても勉強になると思います。
諸届をきちんと提出することも、経営者の義務です。
年収を決定づける大切な仕事ですから、しっかりとできるようにしておくことが大切です。