独立する方法

独立の方法

ネイリストとして独立するときは、まず、自分が「独立するのに足りる技術やコネクションを充分に持っているか」ということをきちんと確認する必要があります。

 

それは、資格もまたしかりです。
技術も資格も中途半端で、コネクションも充分に充分に作っていない状態で独立するとどうなるか。
だいたいの方は想像がつくと思いますが、独立しても仕事がなくなり、ネイリストを廃業しなければいけないことになりかねません。

 

技術や資格は自分の努力次第でどうにでもなるものですが、難しいのはコネクションの作り方です。
独立するからと言って、「じゃああなたの顧客は独立したあなたが施術をすればいい」といって顧客をそのまま引き渡してくれるサロンはほとんどないといっていいでしょう。

 

コネクションを作っておくべきなのは、仕入れ業者などの業者の人です。
業者の人が顧客さんを紹介してくれる場合もありますし、何より仕入れルートを確保することは独立するために必ずやっておかなければならないことです。

 

業者の人とのコネクションを持つ、これはサロン開業でもフリーでやっていく場合でも絶対に必要です。

 

そして、最近、独立したい人に注目されているのが、「フランチャイズ加盟店制度」です。
独立を目指すネイリストさんの開業支援的な存在で、『個人でお店を持ちたい!』というネイリストさんの要望に応えてくれる制度です。

 

有名サロンの屋号やロゴを借りて、全国エリアで貸店舗でもマンションの一室でも開業できます。
『自分のネイルサロンを持って成功したい!』という願いを叶えられる、とても魅力的な制度ですので、利用してみるのも良いでしょう。

 

やはり、経営というのは難しく、そう簡単にはいかないものです。
せっかく、自分のサロンを持っても、サロンを維持していくのが精一杯という方もいらっしゃいます。
働き始めてからすぐの独立はおすすめできません。
ネイルサロンで働いて店長にまで昇格し、いろんな経験を踏まえた上で独立するのがベストです。

 

自分のサロンを開くということは、起業する、つまり経営者になるということです。
経営者になるということは、お客様のネイルを施しているだけで良いというわけではなく、サロンの収支を管理しなければいけないということです。
ネイルの知識だけでは、経営管理はできません。

 

下手な経営をしてしまったら、多大な借金を背負うことにもなりかねません。
独立を考える時、まずは経済や経営を学ばれてはいかがでしょうか。