自分に向いている労働形態

労働形態は様々

ネイリストになりたいけれど、どういう風なスタイルで働けばいいのかがいまいちわからないという人もいらっしゃると思います。

 

そういう人は、まず自分の性格を冷静に分析することと、どういった技術を身につけたいか、あるいはどういった資格を取得したいか、で働き方のスタイルを決めると良い結果になると思います。

 

 

たとえば、女性ばかりの職場で良い思いをしたことがないという人は、サロンで働くことに抵抗がどうしてもあると思います。
それでもサロンで働きたいという気持ちがあればもちろんサロンに就職するのもいいことですが、どうしても無理という人は、フリーで働くと言うスタイルが向いているかもしれません。

 

また、接客業がどうしても向いていないけどネイルの仕事からは離れたくないという人は、ネイルスクールの講師を目指してみるのも一つの手です。
接客業が大好きで、接客業こそ天職だと思っている、という人はサロン勤務のほうが自分を活かせる可能性が高いですので、是非サロンに勤務することを考えてみてください。

 

前項でちらりと触れましたフリーのネイリストとして働くという働き方が、今とても人気があるようです。
ネイリストの人が全て人間関係を円滑に行えるというわけではありません。

 

サロン内の人間関係で疲れてしまい、フリーでお客様とだけやりとりができるという働き方をしたいという人も多いようです。
フリーで働くことの利点は、人間関係の煩わしさがないということの他に、サロンを構えていないため、維持費などの経費がかからないということもあります。

 

フリーの難しさは、名前が知られるようになるまでの下積みの時代がとても長く、コンスタントに指名をもらえるようになるためにはかなり努力をしないといけないというところにあります。

 

そこで、確実に仕事をもらいたい、と思う人は派遣ネイリストとして働く働き方もあります。
フリーのネイリストや派遣ネイリストの主な仕事はブライダルネイルです。この仕事でしたら全国で需要があります。

 

流行の最先端を追いたい、ネイリストとして、もっと技術を磨きたいという人は、芸能人御用達のサロンで働いたり、芸能人付きのネイリストになるという手段もあります。

 

たくさんのネイリストの方がいらっしゃいますが、自分がネイリストとして働いていく上でどのような方向性で活躍していきたいかということを考えて働き方を選んでいると思います。

 

ネイリストと一概に言っても、こだわった作品を作るのが好きな人もいれば、コンテストで良い成績を収めることを目標としている人もいれば、とにかくお客様を喜ばせたいという人などなど、働き方を左右する目標があることと思います。

 

こだわりのデザインを考えたり、コンテストに向けた練習に時間を取りたかったり、自分のための時間を取りたいという人は、アルバイトやパート勤務という働き方をするのも良いでしょう。

 

一方で、とにかく、お客様と接して、お客様のニーズに合わせたネイルを追求したいという人は、フルタイムで勤務できる正社員を目指すと良いでしょう。

 

また、最近では、『ジェルネイリストになりたい!』という人が増えています。
サロンでも一番人気のジェルネイルを専門的に業務にすることができますから、指名されやすくなると言うメリットもあり、時代に合ったネイリストであると言えます。

 

このような人は、JNAまたはINAジェルネイル技能検定初級3級といった初歩段階の資格合格から目指してみてはいかがでしょうか。

 

サロンワークでネイルケアをはじめ、スカルプチュアなどの高度な技術を身に付け、さらに、接客マナーや顧客管理、経営方針などについての総合的な知識が身に付いたら、店長や独立など、トップに立つという働き方もあります。

 

働き方は違えど、自分らしくネイリストとして活躍できれば、自分自身が楽しい毎日を送れますし、喜んでくださるお客様も増えます。
自分のライフスタイルに見合った働き方を模索してみましょう。