良い就職先とは

ネイリストとして良い就職先とはどういうところでしょうか?

 

就職先について

初任給から高い給料を払ってくれる、それも良い就職先の一つだとは思います。

しかし、もしネイリストとして長く働いていきたいのであれば、サロンのオーナーがきちんとした信念を持っていて、その信念が自分のネイリストとしての理想と合致する、そういうサロンを選ぶのがいいと思います。
ネイリストというのは華やかなように見えますがとてもハードな職業です。

 

夢や理想だけではやっていけない、という部分ももちろんあります。
しかし、そういった中でも、同じ志を持った人の元で働けるのであれば、夢や理想を捨てることなく、ネイリストとして自分を磨いていくことができるのです。

 

「もっと技術を身につけてコンペで優勝したい」という夢や、「もっとお客様に喜ばれるネイルを施したい」という希望を、きちんと叶えさせてくれる。
そういうサロンが、良い就職であると思います。

 

また、人間関係がぎすぎすとしていないということも良い就職先を選ぶ上でのポイントです。
働きやすさに関わってくるのはもちろん、ぎすぎすした雰囲気がお客様に伝わってしまうと、非常に気まずいためです。

 

ネイリストはお客様に快適な空間と確かな技術を提供する職業ですが、「自分が具体的にやりたいことを実現できる」という就職先を選ぶことが大切なポイントです。
事務ばかりだったり、あまり得意でないメニューばかりだったりだと、せっかくの仕事も楽しくありません。
ですから、自分の個性や得意な技術を活かせて、能力に合った職場を選ぶことが重要です。

 

 

念願のネイリストになったら、自分のデザインセンスを活かし、自由な働き方を選びたいと言う人がほとんどだと思います。
ネイルサロンだけではなくて、エステサロン、ブライダルサロン、美容室など、幅広い分野が就職先として考えられます。
自分のセンスと希望する勤務体系を両方叶えてくれる職場で働くことができれば、一番いいですよね。

 

ネイリストにも人それぞれの性格があります。
『ゆったりと働きたい。』とか、『とにかく多くのお客様と接して忙しく働きたい。』など、性格面から見た職場選びも大切です。
就職先の規模や顧客数に応じて、仕事の姿勢に大きな差が出てくるものです。

 

もちろん忙しくても対応できる自信がある人は規模が大きく顧客が多いところが理想でしょうし、仕事をこなせばこなすだけやりがいも生まれることでしょう。

 

しかし、マイペースな人には、常に繁忙で、顧客が多いところは、もしかしたらネイルが事務的なものになってしまうケースもあるかもしれません。
お客様の爪を美しく演出することには変わりがありませんが、自分自身のやりがいが感じられなくなってしまうかもしれません。
自分の性格を見極めた職場選びも大切ですね。