ネイリストの給料

気になるお給料

ネイリストの気になる収入ですが、仕事内容の項でも触れた通り、最初は雑用しか仕事がないということもあります。

そういった兼ね合いもあり、初任給は17万円前後のサロンが多いようです。

 

福利厚生がきちんとしているサロンであれば、年金や保険などの様々な費用を引かれ、手取りは15万程度と、決して多くはありません。
また、新人のうちはまだ資格を充分に持っていないこともあるため、1級や中級/上級の資格を取るための勉強の費用は全て自費です。

 

ですので、きちんと資格を取りきるまでは、ネイリストはとても生活が苦しいということもあります。
しかし、資格をきちんと取り、お客様に施術を行えるようになれば、一気に年収が増えるということもあります。

 

たとえばサロン勤務でも年収1000万円以上というネイリストさんもいらっしゃいます。
センスがあってもお客様からなかなか指名がもらえないようであれば、もちろん収入にも響いてきます。
お客様の好みをいかにつかむかということも重要なことです。

 

自分のセンスと感覚次第で収入がどんどん変わる、それがネイリストという職業の面白いところであり、また怖いところでもあります。

 

また、ネイルサロンや美容室の場合、「手当」も給料における大切なポイントになります。

 

例えば、JNE1級やJNA認定講師の資格などのような高いレベルの資格を持っている人は、「特別手当」が貰えることがあります。

 

他にも、売り上げや指名数が給料に反映される、「販売手当」や「指名手当」が貰えることがあります。

 

あと、見逃せないのが「完全歩合給」の制度です。
売上金額に応じて給与が変動しますので、実力次第でたくさん稼げるようになります。
フリーとして働くと稼ぎが少なくなるというリスクを伴いますが、雇用されながら完全歩合給のシステムを利用すれば、一定の給与を確保しつつ、実力に見合ったお金を稼ぐことができるというメリットがあります。

 

お金が全てではありませんが、ネイリストというのは技術者ですから、能力が認められて給料に反映してもらえた方が良いに決まっています。

 

JNAやINAなどのネイリスト協会が主催する資格を持っていると、比較的安定した給料が貰えることは確かです。
雇用側が技術を判断する目安になるので、給料のことも考慮するならば資格を取っておいた方が良いでしょう。

 

パートやアルバイトの場合、時給800〜1,000円程度というのが相場です。
正社員でも20万円前後が相場です。

 

でも、最初は時給制の給料だった人が、数年後には何十万円も稼ぐようになったという人もいます。
もちろん、レベルの高い級を取得していた方が、給料が高いものです。
たくさん稼ぎたいという人は、最初からレベルの高い資格を取得して就職した方が良さそうですね。