就職の方法

就職の仕方や方法

実際に就職をする際に最初は誰でも「初心者」ですよね。また、いくら資格を持っていても「未経験者」でもあります。

未経験者は、ネイルアシスタントとして採用されることもあります。
試用期間を経て正規雇用されることもあり、見習い期間を経てから、徐々にステップアップして、一人前のネイリストになることも可能です。

 

 

就職した際に初歩レベルの資格しか持っていない人の中には、『資格を取得したけど、実務経験がないから自信がない・・・。』という人も多いはずです。
でも、ネイリストの仕事は実力の世界です。
毎日働きながら、最新のトレンドと技術を自分のものにして、自分の能力を見いだせる人は、早く昇給できますし、独立することも夢ではありません。

 

 

実際に働いてみるとわかることですが、ネイルメニューには旬(トレンド)がありますから、その時々に合わせた個性あふれるデザインアイデアが求められます。
それに、お客様のご要望に沿うことができれば、指名も増えます。

 

 

採用する側は、技術向上と心のこもった接客を心がける人を求めています。
資格を取得したことに満足せずに、働きながらセンスを磨いて、お客様の指先にセンスと個性を光らせることができる人材を雇いたいワケです。
資格取得の際に身に付けた基礎を、日々努力して応用できる人を、採用者側としては希望するものです。
面接の際には、実務に就いた時にどのようなビジョンを持っていて、どれだけ努力できるのかということを、しっかりとアピールすると良いでしょう。

 

 

ネイルケアやポリッシュなどの基本メニューからはじまり、人気のあるジェルネイルやスカルプチュアといった高度な技術まで、総合的にこなせる人材であれば、どこに行っても通用します。
最初から正社員を目指すのも良いですし、働きながらステップアップのチャンスを狙うのも良いでしょう。

 

 

最初は初歩レベルの資格しか持っていなくても、在職中にスキルアップは可能です。
通信講座を利用すれば、働きながらでもネイル資格のレベルアップが可能ですし、生活リズムに合わせて自由に学習を進められます。
アルバイトやネイルアシスタントとして働きながら、通信講座を利用して、レベルの高い資格にチャレンジするのも賢い方法です。