向いている性格1

向いている性格

ネイリストはただネイルアートが上手なだけではやっていけません。

 

ここで、ネイリストに必要だと思われる性格をピックアップしてみます。

 

 

一番外せないことはなんだと思いますか?
『技術が優れていること?』
『顧客の心をつかむこと?』

 

・・・。そうではありません。

 

ただ、「ネイルが好き」ということが、一番大事で、一番ネイリストとして長続きできるための感情になります。

 

 

しかし、先に出した、技術が優れていることと顧客の心をつかむこともとても大事なネイリストとしての要素です。
技術がうまいだけでも無愛想ならば指名が減りますし、愛想が良くてもうまくなる努力をしない人は消えていきます。

 

また、時代を先取りするという力、これもネイリストにとって大事なことになってきます。

 

裸にマニキュアは塗りませんよね。
だいたいが服にあわせたマニキュアです。
そこで、服の流行もきちんとわかっていなければ、服にぴったりとくるネイルを施すことができなくなります。ですので、流行を追うことは大切です。

 

 

ネイリストに必要な性格は、流行に敏感で、対人能力が高いことです。
こうして見ると、決してハードルの高いものでないことがわかります。

 

もう一つ、欠かしてはいけない大事なことが1つあります。
本当に大事な、ネイリストのための性格。

 

それは、「夢を持つこと」です。

 

ネイリストとして、大きな夢を持っている人は、夢を叶えるために非常に努力を重ねます。
たとえば「コンペで優勝したい」という夢を持っていたり、「独立して自分のサロンを持ちたい」という人は、もちろん日々の接客の中で技をどんどん磨いていきます。
そして、店にも夢を持つ人にもよい状態で別れることができるのです。

 

夢を持つと、技術や色々なものが輝き出します。
自分にも自信が出ます。

 

夢を叶えようとがんばる、その気持ちはネイリストになくてはならないものなのです。
さらに、最新アートやトレンドアートをネイルに施せる自信と技術があるという人に向いています。

 

最近では、サロンでも一番人気のジェルネイルを専門的な職業とする「ジェルネイリスト」になりたいという人も増えています。
カラージェルやラメジェルなどのシンプルなデザインをはじめ、立体的なデザインを施す「3Dアート」、スワロフスキーやアクリルストーンを施す「ストーンアート」など、デザインが豊富なのが魅力です。
サロンで一番人気のメニューができるようになりたい人は、JNAまたはINAのジェルネイル技能検定初級や3級といった初歩段階の資格から目指してみてはいかがでしょうか。